超高レート級の不運 サンセベリアのブログ

サンセベリアのポケモンについて語るブログです。それ以外の話題も載せることがあります。

メガランブル大反省会【最高1680最終1659】

お久しぶりです、サンセベリアです。
今回は先日のメガランブルの大反省会といきます。他の1on1界隈の人たちがいい結果を残しているのに対し、私は不甲斐ない結果に終わってしまいました。そこから、このインターネット大会を勝ち抜くための方法を考えていきたいと思います。

f:id:sansevieriapoke:20171002114446p:image

1.シングル流用勢についてあまり考えていなかった
本当に反省するところでした。今回はスペシャルレートではないので、シングル流用勢がたくさんくるのがわかっていたはずなのに、それを考えずに、この環境はこの戦法強いよね、などと考え過ぎてしまったところです。1on1をやり過ぎたことによる起きる障害とは、「このポケモンは欠伸を使える」「このポケモンはタイプ一致高火力の威力150の反動技を覚える」「このポケモンはカウンターミラコ、メタバが使える」などの要警戒技をピックアップし過ぎて、それに対するメタを仕組み過ぎて、一般的な型をあまりメタらなかったところだと考えます。型の汎用性を広げた方がいいのに、変な型にしてしまい、不甲斐ない結果になったことが多すぎました。

2.ヤミラミを警戒し過ぎた
襷メタルバーストも使え、メガによるメタルバースト、瞑想など、このポケモンを必要以上に警戒し過ぎました。そのため、あえてヤミラミを重く見せかけ、ヤミラミを選出誘導させることを考えましたが、僕はヤミラミに全く出会うことができませんでした。それどころか、僕のパーティは炎を連れていかなかったせいか、鋼タイプのポケモンが非常に重いという現象が発生しました。それに気づき、クチートなどはカウンターで返すことができましたが、ルカリオだけは重く、物理特殊の2択に迫られてしまい、気合玉を撃たざる試合が多過ぎました。そして、気合玉を4度も外し、負けて試合があったので、本当に反省です。

3.考えすぎて、メガストーンを持たせた個体が少な過ぎた
メガ進化ポケモンの大会なのに、メガストーンを持たせたのがガルーラとカメックスのみという。絶対に他にメガストーンを持たせるべきな奴らがいたはず。そこで火力不足に悩まされることが多かった。

今回、リージョン統一みたいに汎用性ではなくピンポイント系の奴らが多過ぎたのが敗因だと私は考えましたが。なので、そこを次からは直していきたと思います。


個体紹介、今回は努力値振りはざっと

メガガルーラ
陽気ASベース
技構成:ギガインパクト猫騙し、岩石封じ、地球投げ
最強の母娘。
今回は過去作が使用可能ということで、古の古代兵器「地球投げメガガルーラ」を採用。
今回、FRLGを周回するのが面倒で、緑バージョンのVCのサファリゾーンで粘ってしまいましたが、VC特有の夢特性「精神力」、これが想像以上に邪魔でした。
具体例を挙げると、vsメガフーディンの時、相手は初手守るして相手のメガガルーラをトレースすれば、親子愛をトレースできます。しかし、相手が普通にメガシンカした際、こちらの「精神力」をトレースしてしまい、猫騙しで怯まず、バリアーを積んでメガガルーラを起点にしてくる個体が実際にいたからです。幸いにも岩石封じ→地球投げで倒すことが出来ましたが、やはり通常特性の方が便利なのは間違いないです。
思いつかなくて陽気で粘っていましたが、意地っ張りにして耐久調整をし、猫騙しを切って、ギガインパクト、岩封、地球投げ、地震の方がもしかしたら良かったのかもしれない。

メガカメックス
控えめHC
技構成:ハイドロカノン、悪の波動、欠伸、守る
欠伸守るが強いと思い、採用したけど、最速起きされたりするので、シンプルにアタッカーにすればよかった。絶対にそっちの方が強い。ミズZでカノン、欠伸、堪える、@1みたいな個体を使えばよかったと反省です

フーディン@タスキ
臆病CS
特性:精神力
技構成:サイコキネシス、草結び、気合玉、カウンター

タスキフーディン。マジで強かった。鋼をよく呼ぶので、カウンターで返せて強かったが、ルカリオに気合玉を4回外してて、負けたケースが多かったので、反省。そもそもこの型なら、臆病じゃなくて控えめでよくね?ともなりました。また、草結びは水対策に入れましたが、絶対にマジカルシャインを入れた方が強かったです。
特性の精神力は、ガルーラと違い、本当に肝となるくらい強かったです。わざわざVCじゃなく、エメラルドで厳選した甲斐がありました。猫騙しで怯まなかったり、アイへをカウンターする際に怯まなかったり、本当に便利でした。マジガはバンギとかには強いかもですが、フーディンは精神力で良かったです。

チャーレム@スカーフ
陽気AS
特性:ヨガパワー
技構成:飛び膝蹴り、思念の頭突き、岩雪崩、冷凍パンチ
ガルーラなどを上から殴る枠。どちらかと言うと、ヤミラミの選出誘導枠

ガブリアス@ドラゴンZ
陽気AS
特性:鮫肌
技構成:逆鱗、地震、剣の舞、身代わり
リザに選出圧力をかけられ、メガガルに対して身代わりをし、1ターン目で身代わりを壊し、2ターン目に鮫肌ダメージを与え、次のターンにドラゴンZで鮫肌込みで確実にメガガルーラをぶっ倒してやるぜ!っていうガブリアス(特殊ガルーラは知りません)
実際には選出は1度でした。ちなみに、無駄に色違い。

カイロス@バンジのみ
臆病 S最速ギャラ抜き H16n-1 残りD
特性:型破り
技構成:ハサミギロチン、毒毒、守る、身代わり
何故か誕生してしまった魔界カイロスヤミラミをどう倒そう、見破るなどはマジックミラー跳ね返されるしな…スキスワは使ったところでな…メガヤミラミを毒殺したい…という怨念から何故か誕生した毒まもカイロス。型破りで毒を貫通させて、身代まもで倒してやるぜ!って机上論によって産まれた魔界の生き物。実際には、瞑想→身代わり貫通のバークアウトでかなりギリギリの運用になる上に、そもそもヤミラミいねぇ、メガヤミラミなんて、もっと居ねぇぞ!となった悲しき生き物。攻撃技をギロチンだけにして、臆病にしてイカサマの火力も最低限に抑えてやるぜ!となったが、ギロチンは1度も当たらなかったので、素直に他の技を採用すべきだったと後悔。
メガガルのギガインパクト耐え→バンジで回復、その後毒まもでメガガルーラをハメたことがあったので、たまーに面白い試合はあったが、ギロチン命中率0だったため、ギロチン頼りの試合は全部負けてます。
今後一生バトルの場に出ることはないでしょう。


【最後に】
今回のメガランブル、1on1勢と全く当たらなかった上に、他の人ともあまりフレ戦しなかったので、不完全燃焼でした。
なので、今期はシングルで結果を残したいと思います。

シーズン4スペシャルレート1on1ルール カントー×アローラ=リージョン統一パ 最高レート1929 最終レート1769

お久しぶりです。サンセベリアです。今回はシーズン4スペシャルレート1on1ルールについての記事です。

f:id:sansevieriapoke:20170714172236p:image
7月14日時点の現在の最高レートは1929です。その後、ズルズルと落ちて1700代をウロウロと。まぁ、少なくても1700代をウロウロできる最低限の強さがあるのは確かなようです。

f:id:sansevieriapoke:20170714172325j:image

 最後の最後で下げてしまったので、最終は以下の通りです。一応、最終日も1800辺りをウロウロできたので、良かったと思います。

f:id:sansevieriapoke:20170718133846j:image


今回は進化の輝石が持てないということで、ポリゴン2ムウマは勿論、パウワウが使えないという悪夢が発生しました。まぁ、ドリルが通らないガルドミミッキュをはじめ、弱点を突かれるジバコイル、カプ・コケコ、鉢巻リフブレで余裕の確1取られちゃうカミツルギ、頑丈のジバコイルイワパレスドンファン、もともと勝てないゲッコウガなど、不利な相手が増えまくった挙句、マリルリも減少。滅んだとしてもサンムーンの新ポケならテッカグヤ辺りならめっちゃ安定して倒せますが、輝石を取られた以上、パウワウ及びジュゴンを使用しても特に意味はないと思い、統一パに手を出すことにしました。(多分、呪いミミッキュはギリギリ勝てるかも)

そして、私が発見したのは「リージョン統一パ」です。使用する人口も少ない上に、面白い個性的なポケモンも多いです。今回はこのスペレ リージョン統一パの考察となります。

 

 

アローラキュウコン@拘りスカーフ

f:id:sansevieriapoke:20170714162504j:image

性格:臆病
特性:雪降らし
能力値:167(148)-x-95-126(196)-120-165(164)
技構成:吹雪、ムーンフォース絶対零度、フリドラor神通力

このポケモンは最初、守る金縛り戦法で相手を倒す役割がありました。しかし、読まれて別の技を使われ縛ってしまったり、オノノクスの上から倒されるという悩みがありました。そのためシーズン中盤にて拘りスカーフに変更しました。Sは最速スカーフオノノクス抜き調整、Cは無振りオノノクスを吹雪で倒せ、スカーフを持っていないゲッコウガの上からムーンフォースで1撃で倒せるようにしました。残りはHに振りました。

このお陰で勝てるようになった相手としては、殆どのオノノクス、スカーフ以外のカミツルギゲッコウガ、化霊ランドロスガブリアスキノガッサ辺りです。逆にまも縛型から変えたお陰で勝てなくなった相手とのしては、カイリュードンファンです。しかし、私のパーティでなんだかんだ来るオノノクスに勝てるのは大きいです。耐えてきても岩封を打つ相手も多く、スカーフのお陰で2回吹雪でオノノやランドを倒せるので、スカーフはかなり有りでした。困った時は零度だ!

吹雪、ムンフォ、零度は確定で、残る技は割と選択制でいいと思います。フリドラが通りそうなトリトドンはチョッキで耐えられてミラコされるのがオチなので、零度ゲーをした方がよく、カミツルギも吹雪で落とせる上にナットレイはそもそも零度に賭けた方がいいのでめざ炎もなし、上から怯みを狙える悪波や神通力も正直通る相手が少ない気がするので、お好みで。私は神通力を採用してみました。

まもみが型は選出率はあまりだが、スカーフ型は割と選出できた

 

勝てる相手…ほぼ全てのオノノクス、スカーフ以外のゲッコウガカミツルギ、化身ランドロス、隷従ランドロスガブリアストゲキッスキノガッササザンドラグライオン
(零度が当たれば)スイクントリトドンなどの耐久水も……

 

 

アローラダグトリオ@カムラのみ

f:id:sansevieriapoke:20170714163238j:image
性格:意地っ張り
特性:カーリーヘアー
能力値:110-167(252)-80-x-91(4)-162(252)
技構成:地震アイアンヘッド堪える起死回生

通常ダグトリオの劣化として扱われることが多いアローラダグトリオ。正直、このパーティでも鋼が活きることはアイへの火力が上がるくらいです(それでも有難いが)。主に堪える起死回生をするのが役割です。
この堪える起死回生が主に勝てる相手としては、ドリュウズヒードラン(マグストを使われなければ)、カプ・コケコ(私のパーティは全く選出されないが)、辺りです。見れる範囲は広くないが、ヒードランに勝てる可能性が高い上に、ドリュウズに関しては100%勝つ地震があるので、ドリュウズが絶対に来るという自信がある場合は選出をしていました。相手の攻撃を堪え、カムラ発動からの起死回生でドリュ、ドラン、ポリZは確1です。スカーフポリZの悪の波動など、耐える可能性がある技にはアイへ→堪える起死回生をしました。

選出率は特別高くはないですが、リージョン統一では貴重な格闘戦力?むしろほぼ格闘枠です。ちなみに、私のパーティは破壊光線系統持ちがおらず、フレドラ(120)が最大威力ですが、HP1の起死回生は威力200ととても高いです。
あと、堪えるのために個体値を低くするべきでは?と考えましたが、それなら1回殴って体力削って堪える→起死回生すればよくね?となったので、HBDもVです。特にVだと眼鏡コケコの技とかも余裕で耐えるので、重要です。要らないと感じる時は、スカーフポリゴンZを相手するときかな。

カーリーヘアだが、相手のゴウカザルが初手で猫騙しを打ってくる→カーリーヘアで素早さ下がって次のターンに上から地震で落とすことが出来たので、カーリーヘアで正解です。というか、これしかまともな特性しかないです。通常ダグトリオの特性は蟻地獄ですが、このルールじゃ死に特性です。砂の力や砂隠れも使えないので、なんだかんだカーリーヘアーで正解です。

 

勝てる相手ドリュウズ(ほぼ確実に勝てる)、ジバコイルヒードランポリゴンZ、カプ・コケコ、サザンドラ、(怯めば)イワパレス、など…

 


アローラペルシアン@拘り鉢巻

f:id:sansevieriapoke:20170714164119j:image
性格:陽気
特性:ファーコート
能力値:159(148)-80-99(148)-x-85-178(212)
技構成:イカサマ・すり替え・威張る・挑発orじゃれつく

顔でっかいアローラ地方ペルシアン

このポケモンはシングルレートでは主にとんぼ返りや捨て台詞を覚えることは有名ですが、1o1で使えるはずかない。こいつは鉢巻イカサマで殆どの悪等倍以上の物理ポケモンをイカサマで倒すのが主な役割。耐久無振りのオノノクスドリュウズカミツルギは確1なのはもちろん、カイリューイワパレスドンファンガブリアス、霊ランドロス辺りも2発で落とすことが出来ます。耐久型や相手が積むorカウンターなどをしてくる時は、それを読んですり替えをすることで、相手の攻撃を封じることが出来ます。封じた後はイカサマするのも良し、威張るや挑発で更に相手を涙目にするのも良し。特性はファーコートという物理技を全て半減する特性を持っているため、物理ポケモンにはかなり強いです。しかしファーコートは頑丈同様、型破りで無効化できるため、オノノクスの逆鱗でとんでもないことになるケースが多かったです。なので、H252振りだと87.5%の確率で1撃で落ちてしまうので、HとBを148ずつ振り、陽気逆鱗を12.5%の低乱1、意地っ張り逆鱗でも68.8%の確率で耐えるまで耐久を振りました。Sは正直同速勝負(115族)をしたい相手が見つからなかったので、最速カミツルギ抜き(109族抜き)までSを落としました。まぁ、ガブ抜きぐらいまで落としてもよかったかも。
当たり前ですが、格闘やフェアリーなどのイカサマが入らなく、弱点を使えるポケモンに関しては勝てません(ダゲキキノガッサマリルリなど)。また、特殊は脆いので特殊エースには勝てないので気をつけましょう。
このポケモンで運用するにあたり、気をつけないといけないのはミミッキュイワパレスです。ミミッキュは呪い型はすり替えすれば頑張れば勝てますが、珠じゃれ型には負けます。逆に珠じゃれ型はイカサマで倒せますが呪われたらお終いです。そこの運用を気をつけないといけません。また、イワパレスもすり替えをすればカウンターや殻を破るを拘らせて相手を詰ませることができて最悪、鉢巻岩石砲でも耐えますが、ロックブラストという技を使われた場合に限ってはイカサマを打たないと負けます(1度、虫食いイワパレスという奴にも負けました)。なので、そこはもはや相手との読み合いになります。
すり替えはイワパレスをはじめ、呪いミミッキュテッカグヤ、この辺のポケモンにすり替えて機能停止に追い込んだり。そしてその後にイカサマの火力を上げるために威張るを採用。運ゲーしつつ、イカサマの火力を上げられるので便利です。最後の1枠は挑発やじゃれつく辺りを。正直、技スペが余りまくってます

挑発やいちゃもんはマジで打つ機会ほぼありませんし、じゃれつくは無振りサザンドラ倒せません。燕返しでさえ、無振りキノガッサを1発で持っていけません。とりあえずAペルシアンって、なんで通常ペルシアンよりもAが10も低いのですかねぇ。

選出率はかなり高めな方です。

 

勝てる相手…スカーフ以外のオノノクス全般、ギルガルドミミッキュカミツルギカイリュードリュウズドンファンランドロスガブリアスマンムークレベースパルシェン、Aガラガラ、ハピナスグソクムシャ
(読み勝てば)イワパレステッカグヤ、など

 

 

アローラゴローニャ@シュカのみor風船→弱点保険

f:id:sansevieriapoke:20170714165714j:image

性格:意地っ張り
特性:頑丈
能力値:159(28)-189(252)-151(4)-x-86(4)-93(220)
技構成:岩石封じ・ワイルドボルト地震・カウンター

大きなレールガンを背負ったアローラ地方ゴローニャ
自分でも迷走しまくってるゴローニャ。私のパーティは技スペ余ってるポケモンがめっちゃ多いのに対して、技スペがギリギリで、ぶっちゃけ10個は欲しいです。
このゴローニャはまず、最大火力のタイプ一致ワイルドボルト。ドラン等に有効打のある地震、頑丈カウンターができるためカウンター。そして肝心の岩技は初めは定番のロクブラを採用してましたが、毎回2発しか当たらなくて、それなら「岩石封じの方がマシじゃね?と思い、岩石封じにしました。Sにあまり振ってないテッカグヤアシレーヌを素で抜けるように振り、岩石封じをすることで、準速85属を抜けるようにしました。特に控えめ風船ヒードランや、QRパによくいる拘り鉢巻ダゲキに対面から勝てる見込みがあるので、このSラインは欲しいです。Aは思いつかないのでぶっぱ。残りはHとBで、鉢巻以外のオノノクス地震をシュカのみ込みで耐えるようにしました。正直、Dに少しでも多く回せばスカーフ悪の波動をしてくるポリゴンZに勝てる見込みがあるので、Dが欲しいです。
Aゴローニャに弱点を突ける拘り持ち(スカーフオノノ、ダゲキなど)をカウンターでぶっ飛ばして勝てますが、ドリュの地震は耐えない上に、ランドはチョッキばかりなので岩封→地震で飛ばされるので難しいです。迷ったら出してる感はある。QRパの鉢巻ダゲキに唯一勝てる見込みがあるので、ダゲキ入りには出したい。シュカと風船は迷ってますが、鉢巻オノノにはそもそも勝てないし、風船持たせてもみんなギロチンゲばかりしてくるので、どっちもどっち。正直、自分自身もAゴローニャの持ち物は何がいいのかよく分かりません。
そして、この記事を書こうとした数日前に素晴らしい持ち物に気づきました。【弱点保険】です。弱点保険発動で、HBスイクンワイルドボルトで確1弱点保険発動の等倍岩石封じで無振りゲッコウガが確1というメリットがあり、使い勝手はそこそこ良かったです。しかし、シュカや風船を辞めたことにより、スカーフオノノクスなどのオノノクス全般に完全に勝てなくなってしまったという弱点は生まれてしまいました。達成のパーティ以降の持ち物になってしまいますが、弱点保険もオススメです。
それにしてもAゴローニャ、欲しい技が多すぎでマジで困る問題。

ゴローニャに欲しい技
・ロクブラ→たまーに欲しくなる
ストーンエッジ→高火力は正義
・ヘビーボンバー→フェアリーに強い
・じならし→欲しい
・充電→D上げてからのワイルドボルトでポリZなど倒せるのは魅力的
・火炎放射→真空波や身代わり持ちのカミツルギが憎いので
ワイドガード→拘り地震持ち(ドリュ、オノノなど)にタイマンでPP潰せる
・電磁浮遊→地面技透かしたい
・堪える.じたばた→イバンのみさえ解禁すれば…
ギガインパクト(エレキスキン)→こいつ頑丈だからなー、スイクンぶっ飛ばしたいな。
・不意打ち→アローラゴローニャは使えません。タマゴ技に追加しろ増田ァ!!

 

勝てる相手:ジバコイル、殆どのヒードランカイリュー、拘り持ちカミツルギマリルリ、カプ・コケコ、ラプラスQRダゲキローブシンパルシェンシャンデラエンニュート、など
(弱点保険なら)スイクンゲッコウガなども

 

 

アローラベトベトン@突撃チョッキ

f:id:sansevieriapoke:20170714170911j:image
性格:勇敢
特性:毒手
能力値:207(212)-172(252)-95-85-126(44)-50(S個体値2〜3)
技構成:はたき落とす・毒突き・影うち・火炎放射

ほぼシングル運用に近いベトベトン。特殊にはめっぽう強い。
食いしん坊強化されたし、守る金縛りコンボが使えるのでフィラのみなどを持たせても強いと思いましたが、そもそも金縛りしたいオノノクスランドロスイワパレスドリュウズなど、この辺にはどう足掻いても勝てない上に、安定しないのでチョッキで。眼鏡ポリゴンZの適応力破壊光線を耐えられる偉い子。フィラのみとかだとHD特化でも耐えられません。チョッキかホズのみとかでないと耐えないので、結局はチョッキに落ち着きました。
はたき落とすはメガやZ持ちいないので火力は出ます。ダストは命中怖いので毒手と合わせてワンチャン勝てる毒突き。影うちは安定の先制技。
勇敢個体で、S個体値が2〜3。最遅ギルガルド抜き調整をしてみましたが、ほぼ腐った上に遅い奴らにどんどん抜かされたので、特殊搭載でも意地っ張りにした方が多分強いんじゃないかなぁ。
火炎放射はカミツルギを倒せるので。鉢巻ギガインパクトやギロチンは知りません。
他に入れるなら、もう1つ安定した悪技としてしっぺ返し辺りとか。補助技も便利だけどチョッキなのでそこは我慢。

 

スペレ終了3日前で型を一部変更してみました。

 

H207(212)振り、Dぶっぱ、残りA

持ち物:フィラのみ 特性:食いしん坊

技構成:しっぺ返し・どくどく・みがわり・金縛り

地面技無しのチョッキトリトドンスイクン、眼鏡じゃないポリゴンZ、その他拘ってる特殊ATに強いです。呪いミミッキュもギリギリ見れます。

定番の毒ハメ型です。攻撃技は縛る関係上、はたき落とすや泥棒などは逆に使いにくいと考えて、しっぺ返しにしました。実際にしっぺ返しは普通に叩き並みの火力が出るので、めっちゃ使いやすかったです。ちなみにHDは、スイクンの無振り熱湯で身代わりが壊れない程度の硬さです。

 

チョッキAベトンの選出率は正直、微妙ですが、コケコやテテフの選出抑制ができてくれてたので良かったです。食いしん坊ベトンも同じくらいの選出率です

 

というか、私のリージョン統一パの中では使用率最下位でしたが、2000達成した方にAベトベトンを使用している方々がちらほら。どうやら、HBに物凄く厚く振っているみたいですね。私のパーティは特殊受けれそうなのがこいつしかいなかったせいで、Dに厚めに振ってましたが、やっぱりHBの方が良かったのかもしれません。

早くこの事実に気づきたかった!!

 

勝てる相手:ポリゴンZ、カプ・コケコ、カプ・テテフカプ・レヒレカプ・ブルルマリルリカミツルギエルフーントゲキッスナットレイアシレーヌニンフィアシャンデラ、など

 

 

アローラガラガラ@ふといホネ

f:id:sansevieriapoke:20170714171313j:image

性格:腕白
特性:石頭
能力値(非理想個体):161(252)【個体値19】-100-177(252)-x-100-65(4)【個体値6】
正しい能力値167(252)-100-348-177(252)-x-100-66(4)
技構成:フレアドライブ、シャドーボーン、カウンター、骨ブーメラン


赤緑VCから連れてきたカラカラを進化させたアローラガラガラ

…なんですが、上に書いてあるとおり、数日前にこのガラガラに王冠を与えていなかったことが発覚。

 

f:id:sansevieriapoke:20170714171615j:image

 

どおりで柔らかいわけだ。どおりでめっちゃ遅いわけだ。


VCから連れてきたので、隠れ特性の石頭。なので、電気技でオワオワリ。まぁ、テッカグヤにフレドラ連打で勝てるので、石頭もかなり使える特性です。
そこまでして連れてきたかった理由は簡単で、カウンターを覚えさせたかったからです。いやー、FRLGでもカウンター覚えさせて連れてくることもできたんですが、いま私の手元にあるのがEmぐらいで、そのEmで覚えさせたくてもFRLG又はXDから連れてこないといけないので、一番簡単に手に入るVCでカラカラを入手し覚えさせて連れてきました。
腕白の理由は勿論カウンターをするためです。ちなみにどのラインまでをカウンターで返せるかというと、意地っ張りA252鉢巻オノノクス地震を確定耐えして、カウンターで返せるレベルです。硬い!
割とこれが便利で、カウンターで返せるのはやはり爽快です。このスペレ環境、初見殺しがやはり重要で、大切だと考えてます。
高火力炎技を覚えていることもあり、テッカグヤに一番安定して勝てる点もかなり優秀、オノノクスのギロチンの餌食にならないのもなお優秀。
フレドラとシャドーボーン、カウンターを確定とし、残りは適当に骨ブーメランを突っ込みましたが、殆ど打ちませんでした。ジバコに勝てる見込みがありますが、岩封→フレドラで十分じゃね?そもそも、2連続で骨ブーメラン外しまくる糞っぷりをやるくらいなら、岩封でよくね?と思いました。ミミッキュなんて元々勝てないしね!ヒードランも眼鏡大地で負けるし、眼鏡無しなら大地の力耐えるけど、そもそも風船なら骨ブーメラン効かないしね。ここは要相談。VC産なので、スイクントリトドンにワンチャン勝てる地割れを搭載しても面白そうです。

っていうか、改めて思い返すとHPが少なかったせいで耐えなかった試合が多すぎてハゲそうです。何故個体値を確認しなかった。何故相手が鉢巻持ってると決めつけたのか。何故だ…逆にいうと、よく勝てたなぁー、って感心しますね。

 

勝てる相手:テッカグヤカミツルギナットレイクレベースハッサム
(電気技を打たれなければ)カプコケコ、ジバコイル
以下カウンターで仕留められるポケモン
ほぼ全てのオノノクス、火力UP以外のドリュウズカイリューマンムーローブシン、など

 

 

このパーティの欠点
地面弱点が多い(リージョン統一の運命)なので、オノノクスドリュウズドンファンランドロスを常に警戒せざるを得ない
スイクントリトドンも重すぎ(キュウコンで零度当てるゲーム)。本当によくトリトドンは選出される
テッカグヤも苦手
型破りポケモンがいないので、頑丈ポケモンミミッキュも安定はしない。特に呪いミミッキュ

地震に厚くするためにB寄りのポケモンが多いので、終盤以降よく出されるポリゴンZマジで地獄レベルでキツイ
・汎用性が皆無なので読み間違えたら終了

 

このパーティを使ってて思ったこと
・地面技持ちをめっちゃ呼ぶ。マジで
・カプ・コケコやカプ・テテフは意外にもそこまで出てこなかった
・困った時のAペルやAゴローニャ
・1匹1匹が見れる範囲が狭く、オノノクスなどのとりあえずコレみたいなポケモンがいないので、相手を深く読む必要がある

 

最後に

今回のスペレを通じ、色んな人と交流することも出来ました。また、特徴あるパーティのお陰か、色んな方に名前を覚えてもらえ、私ピンポイントメタのポケモンを採用したという方もいたみたいで。記事は書きましたが、残り数日のスペレ1on1も楽しみたいと思います!型バレ自体はしましたが、それを乗り越えて最高記録も出していきたいです!

 

追加があれば、追加していきます。

質問等あれば、こちらのアカウントまで

 

https://mobile.twitter.com/zetsuboushota

 

スペレ1on1リージョン統一パ外伝 不採用となった子たち

スペレ1on1没ネタ集

今回は私がスペレ1on1の対戦をする上で通ってきて惜しくも不採用or途中で変えてしまったポケモンたちの紹介です。どうせなので、その一部を紹介

 

1.アローラナッシー@ハバンのみ

オノノの逆鱗を耐えて、流星群で返り討ちにする型です。イバンがあれば、堪える→イバン流星群が出来たが、正直色々とキツかったので不採用

 

2.アローラサンドパン@チョッキorヨプのみ
メタルバーストを使えるので、相手の攻撃を耐えて、返り討ちに出来ないかも思い、考察。
格闘が死ぬほど重くなる上に相性補完や特性が死ぬことなどを考えて不採用

 

3.アローララッタ@チョッキorヨプのみ
カウンターや堪える起死回生が出来るので、強いと思った。厚い脂肪で炎氷を半減することもできる。
しかし、はりきりにしないと火力も足らず、命中不安定という恐ろしい欠点があり、なにより耐久特化しても殆どのポケモンの攻撃を耐えることが出来なかったので不採用

 

4.アローラキュウコン@食べ残し
技構成:吹雪、守る、金縛り、絶対零度
初めの頃運用していたアローラキュウコン。守る→吹雪でマルスカイリューや頑丈ドンファンを倒せるという魅力があり、実際にそこそこ使えた。しかし、スカーフオノノに尻尾ドーン💥されたり、ゲッコウガにも強くないので、現在の型に変更された。

 

5.HDアローラガラガラ@ふといほね
一番最初に使っていたAガラガラくん。
HD252慎重Aガラガラは、冷静C252ギルガルドのシャボーボールを確定耐えします。
HD252慎重Aガラガラは、冷静C252ギルガルドのシャボーボールを確定耐えします。
ぶっちゃけ、そんだけ。火力無いし、ペルシアンでそもそもガルドは見られるし、何よりも私のパーティ、あまり特殊ポケモンが選出されない+特殊ポケモンを出されても、Aガラガラが勝てない相手のケースが多かったので、解雇。現在の型に至る

 

6.HB特化Aライチュウ@シュカのみ
自分が考えたAライチュウ。今までに考えた考察の中で一番ぶっ飛んでいるので紹介。マジで再現可能だったら今頃パーティにマジで入ってたかもしれない奴。

HBに厚く振り、技構成は【穴を掘る、猫騙し、カウンター、@1攻撃技】

HB252振りシュカのみはスカーフオノノクス地震を耐えることができ、カウンターをすることでオノノクスを返せるぜ!やったぜ!
また、猫騙し+穴を掘る+穴をほるで、風船持ちのジバコイルヒードランを倒すことも出来る!マジで強くね!?これならカプ・コケコにも勝てます。猫カウンターで頑丈ドンファンにも勝てるぞ!安易な物理はカウンターして、スペレ特化のAライチュウがいてもおかしくない!よっしゃ!育成するぞ!

そして、調べた結果。赤緑VC版ではピカチュウがカウンターを覚えないそう。まぁ、猫騙しと合わせて、Emで厳選すればいいか。その後に王冠使えばいいしね。
BPもあるし、ピカチュウも遺伝させさせれば…させれば…させれば…

 

 

ピチュー猫騙し遺伝はDP以降】

f:id:sansevieriapoke:20170707173216j:image

⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️⁉️

 

ということで無事死亡。フェイントで代用すればいいと思いますが、更に見れる範囲が狭くなってしまったので、残念ながら不採用。

 

ということで、あのパーティが出来上がるまでには色んな子たちの考察がありました。
最後に、リージョン統一パの魔法の合言葉を教えます。
【カウンター・こらえる・きしかいせい】
(無駄に覚えるポケモンが多いからです。なお活かせる奴はごく僅かの模様。近いうちにスペレ記事ちゃんとあげます。

SMスペレ1on1の記事書きます

 お久しぶりです、サンセベリアです。

 早いものでシーズン4がほ既に開始しています。そして今回のスペシャルレートのルールが1on1!意気揚々と挑もうとしてましたが、「進化の輝石 使用禁止!」という文に絶望を覚えました。つまり以前に記事にしたパウワウが使用不可能ということです。

 しかし、私はどうしてもテーマをもってスペシャルレート1on1に挑みたかったです。そこで、何か統一パで挑もうではないかと思いました。ブイズ統一パ、準伝説統一パ、サトシパ、沢山ありますが、私が目をつけたのは「リージョンフォルム統一パ」です。リージョンフォルムとは、SMで新しく登場したアローラ地方に適した姿のポケモンたちのことです。私はこのポケモンたちでスペシャルレートに潜ることにしました。

 とりあえず、今現在の最高レートとしては、1835程です。これは記事にするしかないと思い、後日考察記事を書くことにしました。乞うご期待です。

 ちなみに何故こんな記事を上げたかというと、半年以上更新してなかったので"死んだのではないか"と思われたくなかったからですww

 

6/8現在 最高レート1929までは達成しました。

【ポケモンSM】エスパーZランクルスの考察

エスパーZランクルスの考察

みなさん、お久しぶりです。サンセベリアです。いつもはパウワウを使った構築を載せてますが、今回私が可能性を感じたポケモンは、『エスパーZ ランクルス』です。ランクルスは第五世代から登場したポケモンで、ホワイトに出現しました。今作サン・ムーンでは、島スキャンで野生のダブランが登場します。教え技に有用な技がないのはいいですが、隠れ特性の再生力が使えないのは少し痛いですかね。まず、ランクルス種族値をご覧ください。

f:id:sansevieriapoke:20170111205057j:image


H110
A65
B75
C125
D85
S30
合計490

 

まあ、パッと見、鈍足アタッカーのような種族値です。トリルを使いながら、自身がアタッカーになることも出来ますね。特性は防塵・マジックガード・再生力と、どれも有用なものが揃ってます。再生力は残念ながらシーズン1では使えませんが、マジックガードは状態異常にもならず、天候ダメを防いだりとても便利です。防塵はガッサバレルなどの対策に有用ですが、現環境にはいまさんし、コケコの登場により眠りが弱体化をくらったので、防塵は少し活かしにくいと考えます。

私のオススメの振り方は、

H207(172)-x-95-194(252)-115(76)-31(冷静最遅の場合)

この様な振り方があると考えます。この様に耐久を振ると、C特化ギルガルドメガゲンガーシャドーボールを確定耐えします。

 

さて、今回の本題のエスパーZ。ランクルスはたくさんのエスパー技を覚えるので、いくつかオススメを紹介します。

①Zサイコキネシス
威力90のランクルスのメインウェポンです。普通に打っても強いですが、Zにすると威力175になります。C特化Zサイコキネシスで無振りガブリアスが丁度綺麗に確定1発になるので、採用の余地があります。

 

②Zみらいよち
威力120のエスパー技で、2ターン後に攻撃します。交代した場合は同じ位置にいるポケモンに攻撃します。この技はタイプ相性の影響を受け、Zみらいよちは威力190の超火力になります。それが1ターンでで打てるのだから、とても強いです。2回目以降はターンがかかるので、運用は慎重に。
ちなみに私はこのZみらいよちのことを、1ターンでみらいよちが出来ることから、《キングクリムゾン型ランクルス》と呼んでました。能力が分かる人なら分かってくれるはず。

f:id:sansevieriapoke:20170111205301j:image

 

③Zトリックルーム
お馴染みの技ですね。挑発を受けてもZ補助技が使えるのは便利ですよね。
Zトリックルームの特徴は命中が1段階上がります。命中1段階は命中が1.33倍になることになります。一見、サイコキネシスとかがあるから使えそうにないですが、ランクルスは気合い玉や雷を覚えます。トリックルームで素早さを逆転させた後に命中率が上がった気合い玉や雷は強い。命中率70の技の命中率は93.3%となりますので、かなり安定して気合い玉や雷を打つことが出来ますね。

 

④Zかいふくふうじ
ディアルガなどの伝説のポケモンが使うくらいしか目にしない技です。5ターンの間、相手は回復系の技や道具が使えなくなります。ドレインパンチなども使用不可能になります。癖が強いので使用率があまり高くはありません。しかし、Zかいふくふうじの効果は、特攻が2段階も上がります。これにより突破力を上げることが出来ます。相手のポリゴン2の自己再生を封じつつ、こちらのランクルスの気合い玉で確定1発になるレベルです。癖は強いですが、Zかいふくふうじも候補に入るでしょう。

 

以上が今回の考察となります。もうすぐポケバンクが解禁されます。みなさんはどんなポケモンを使いますか?これから面白いZ技の開発をしてみるのもいいかもしれませんね。

新年のご挨拶

明けましておめでとうございます!
2016年も色々なことがありました。3月に初めて一人で遠出して、初参加オフの真皇杯北陸予選。8月の東海シングルフェスタ、11月の東海シングルフェスタと、色々なオフで様々な方とお会いすることが出来ました。
またtwitter上でも様々なことがありました。
twitter上での大会やポケモン交換、色んな方との交流、様々なことがありました。
私のtwitterを読んでくれているリアルを知っている方々、ポケモンで繋がってくれている方々、ダンガンロンパシリーズで繋がってくれている方々、アニメ関連で繋がってくれている方々、このブログを読んでくれた方々、みなさん、ありがとうございます!そして、2017年もよろしくお願いします!

私の1月の予定ですが、まず今年で20歳になるため、成人式があります。その数日後に連続で学校の講習があり、講習期間中にも『NEWダンガンロンパV3』が発売され、プレイしたりと様々なことがあります。そして、テスト期間が終了する時期に、ポケバンクの方も解禁される予定なので、その際には私の相棒ポケモンであるパウワウジュゴン達と共にサンムーンでも頑張っていきたいと思います。
その前に、シーズン1中に高レートを目指し、構築ブログを書いていきたいと思っています。
これからも私、サンセベリアをよろしくお願いします。

東海シングル予選6班1位通過 使用構築 ヤナギ式マンダマンムー~パウワウをご存知でない⁉︎~

お久しぶりです、サンセベリアです。

ついにレーティングバトルも終了、サン・ムーン発売まであと僅かになりましたね。
今回はORAS最後のオフ会となる第四回東海シングルフェスタに参加してきました。
そこで見事予選1位通過を果たすことが出来ました。 (本戦では自分の選出ミスで負けてしまいましたが)

 

ちなみにこんなパーティです

f:id:sansevieriapoke:20161108213223p:image

 

私がパウワウを使うことから、パーティを見てみたいという声を受けたので、考察してみました。この構築は大会1日前に完成したため、フリーやフレ戦でのみの試運転でした。なので、まだ未確定な部分もありますがよろしくお願いします。


パウワウについて』

f:id:sansevieriapoke:20161108213306j:image


可愛い嫁マスコット枠。最近、アシレーヌというライバルが登場して少し不安そう。
進化の輝石を持たせても、スイクンやヤドランよりも柔らかいです。そして、スイクンやヤドランはゴツメなどの他の持ち物を持たせられます。
合計種族値は驚異の325!!これはイーブイやタマタマ、ベトベターと同じです!(ちなみにデリバードラブカスは330。普通に考えたらコイツ達の方がヤバイ)
ピッピの合計種族値が323なので、ダブルで輝石ピッピを使っている方なら、だいたいの耐久の値を理解してくれるかもしれません。
愛での採用となりますが、ではどの様に運用していくか。

まず、そもそもパウワウって何?って思う方も多いと思います。実際、レートでも全く当たりませんし、何してくるか分からない。実際、今回のオフでも戸惑ってる方が殆どでした。そこでまず、パウワウが覚える技を考えましょう。
まず、みなさんは「絶対零度覚えるから試行回数稼げばある程度いけそう」と考える人が多いですが、『パウワウ絶対零度を覚えません(進化系のジュゴンはレベル技で習得可能)』。覚えるのは、つのドリルです。しかし、ゴーストタイプに無効という難点も。特にゲンガーやギルガルドブルンゲル、貴様らだ!
アンコールは、相手の技を縛ることが出来ます。エルフーンなどの早いポケモンは、無効に繰り出して縛るということが出来るのが強みですね。しかし、パウワウは遅いため、基本的に2発目を耐えられません。ジュゴンはまだ多少早いので(それでも激戦区70族)、クレセやポリ2、スイクンの氷技をアンコールするという戦法が使えますが、パウワウに氷技を受けたしたところで、別の技に引かれ、また交代されます。
金縛りという技も覚えます。特に拘りアイテムを縛って交代させたり、1ウェポンのポケモンからの有効打を潰したり、なかなか役立ちます。シーズン17のスペシャルレートのシングル61ルールではお世話になった技です。
滅びの歌も覚えます。ダブルでジュゴンが滅びの歌を使ってくることが「ごくたまーに」いるので、覚えることを知ってる人はそこそこいると思います。しかし、私のパーティにはメガゲンガーソーナンスポリゴン2といった一般的な滅びパに入れられるポケモンはいません。
雨乞いは、特性がうるおいボディの場合、状態異常を回復出来るので、眠ると合わせるとそこそこ居座れる。
攻撃技としては、Sを下げられる凍える風。タイプ不一致なので全く火力は出ませんが、ガブの身代わりが割れる程度にはダメージを与えられます。舌で舐めるは、威力30の追加効果麻痺3割と、秘密の力よりも劣って見えるが、ゴーストタイプに麻痺を入れられるので、そこそこ使えた(グランブルから遺伝)。氷の礫、アクアジェットなどの先制技もあり、猫騙しも覚える。ダイビングは滅びとのシナジーもある。
それ以外の技は今回は割愛させていただきます。

では、私が実際に使ったパウワウがこちらです。

 
パウワウ@進化の輝石

f:id:sansevieriapoke:20161108213325j:image


性格:図太い
特性:厚い脂肪
能力値:172(252)-x-117(252)-65-91(4)-65
技構成:つのドリル・凍える風・アンコール・滅びの歌

ニックネーム:WHITE ALBUM

 

まず、味方をサポートし、ガブに最低限のダメージを入れられる凍える風。サポート可能のアンコール。一撃必殺のつのドリル。そして滅びの歌。私はこのポケモンの強みは、つのドリルだと思ってましたが、使い続けてるうちに、『滅びの歌』がこのポケモンのキーとなる技ではないかと思ってきました。
滅びの歌は、相手や自分が3ターン後に瀕死になる技です。この技は相手を「流す」のにとても便利な技で、主に刺さるのは

バシャーモやフワライドのバトン構築
•竜舞身代わりギャラドスの全抜き展開
グライオンやラッキーを使用した受けループ

こちらの構築・ポケモンが出た場合は積極的に選出するようにしています。守るや身代わり、小さくなるを積んでいる相手にも滅びの歌は貫通します。これにより、相手を無理やり交代せざるを得ない状況を作ります。そして、つのドリルの試行回数を稼いだりすることもできます。滅びの歌で自主退場することにより、後続のメガボーマンダで全抜きする展開に持ち込むことも出来ます。先発マンムーでステロを撒いておけば、ガモスなどを嫌々交代させることも出来ます。クレセリアなどとの一番の差別化は、滅びの歌・つのドリル・アンコールという技があるため、《起点にならないポケモン》という個性があります。勿論、相手にゴーストタイプが多かったり、叩き落とすやトリック持ちが多かったり、無理な場合は選出しませんが、選出した試合では、そこそこ活躍してくれ、なにより相手のリアクションを見ることが出来たのが個人的には嬉しかったです。選出率もそこそこ高いです。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108213435j:image

f:id:sansevieriapoke:20161108213438j:image

ニックネームの元ネタは、ホワイトアルバムジョジョ5部のギアッチョのスタンドを思い浮かぶ人もいれば、アダルトゲームを思い浮かぶ人もいるはず。

 


マンムー@ゴツゴツメット

f:id:sansevieriapoke:20161108213640j:image

 

性格:腕白
特性:厚い脂肪
能力値:217(252)-150-144(252)-x-81(4)-100
技構成:地震・氷の礫・ステロスロック・吠える

ニックネーム:ターンA

 

いわゆるゴツメマンムー。ガルーラの猫捨て身をゴツメで削ってくれる…と思いきや、PGLのでは半分以上の個体が秘密の力型という。秘密不意で無振りガブ落とせると気づいた人を恨みたいです。秘密持ちが増えたお陰で、猫捨て身に怯えることが無くなったマリルリ・メガヘラクロスが増えてしまい、このマンムーの立場は更に無くなってきたと思います。
物理受け以外にもステロスロックを撒いたり、積んできたり安易に守るなとをするバシャなどを吠えてくれて、結構便利でした。選出率もそこそこ。

ちなみに、このパーティ名「ヤナギ式マンダマンムー」は、パウワウマンムーというHGSSでヤナギさんが使用しているポケモンが2体いるということで付けた名前です。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108213512j:image

f:id:sansevieriapoke:20161108213518j:image

 

ホウオウ・ルギアを自力で支配下に置き意のままに操ったり、伝説のポケモンの炎でなければ溶けない氷を操ったり、ディアルガの「ときのほうこう」を肉体で食らっても無傷だったりと、ポケスペのヤナギさんはチートすぎると思います。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108213549j:image

ニックネームの元ネタは、∀ガンダム。どうですか、似てますよね。パーティ単位でゲッコウガが重いので、
月光蝶(ゲッコウガ)を呼ぶんじゃない!』って叫びたくなりますね。

 

 

メガボーマンダ@メガストー

f:id:sansevieriapoke:20161108213649p:image

 

性格:意地っ張り
特性:威嚇→スカイスキン

メガ前実数値:171(4)-205(252)-100-x-100-152(252)

メガ後実数値:171(4)-216(252)-150-x-110-172(252)

技構成:捨て身タックル・空元気・龍の舞・羽休め

ニックネーム:UNDER GRAPH

 

このパーティでのメガ枠、そしてエースアタッカー。パウワウマンムーサーナイトなどで起点を作り、超火力で無双するポケモンです。
技構成は火力のある捨て身タックル、状態異常で火力を上げる空元気、積み技の龍の舞、様子見の羽休めです。空元気メガボーマンダを始めて作りましたが、状態異常を使うポケモン達に強くてとても使いやすかったです。特に自分が普段から苦手としているブルンゲルに突っ張り、1舞火傷空元気でぶっ飛ばすことが出来たのは快感です。
反省点としては、このポケモンはASぶっぱにしたせいで、耐久面が不安定のため、羽休めが役に立たなかったところです。使うなら耐久調整をするべきなんだと思いました。それか、ストーンエッジ地震など他の技を採用してもよかった。
そしてこのパーティ全体的に特殊電気がものすごく薄いパーティの上、メガボーマンダがいるために電気を物凄く選出されたので、そこをきちんと考えるべきでした。唯一のメガ枠なので、選出率は高かったです。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108214016j:image
ニックネームの元ネタは大阪出身のロックバンド『アンダーグラフ』より。メジャーデビューシングルで2004年に発売された代表曲「ツバサ」は有線放送やラジオのリスナーから火がつき、その後、CDの売り上げにもつながる形となったため、発売後20週目でオリコンTOP10にランクインとなった名曲です。またPVには、当時女子高校生だった長澤まさみさんが出演されています。
また『風を呼べ』はアニメ弱虫ペダルのedテーマとして有名。

 

ギルガルド@食べ残し

f:id:sansevieriapoke:20161108214046j:image

 

性格:穏やか
特性:バトルスイッチ
能力値:161(204)-50(A個体値2~3)-170-70-222(252)-87(52)

ニックネーム:クトネシリカ


穏やか残飯ギルガルドです。フェアリーや特殊電気がキツかったので採用。ポリ2やクレセリアを毒殺することもできる。
ギルガルドがいるだけでも、相手の選出誘導ができるので、お守りとしても優秀。
バトルした相手の人たちも残飯ギルガルドを見て、キツイと言ってくれました。

…しかし、私は作りたての穏やか残飯ギルガルドを信用してなかったため、キンシの択負けをしたり、こいつを選出しなかったお陰で本戦で負けてしまったりと、もっと役割を理解し、使わないといけないと学びました。フリーや今回のオフでの使用率は最下位でしたが、もっと上手く使ってあげれば、恐らく選出率も上がると思いました。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108214105j:image

ニックネームの元ネタは、北海道のアイヌに伝わる宝刀の名。虎杖丸(いたどりまる)と和訳される。PS2専用ゲーム『大神』にも登場し、カムイに暮らすオイナ族の村に代々伝わる伝説の宝剣でもある。話中では、一族の青年「オキクルミ」が、村の危機を救うために、その真の姿を表させるために宝剣で妖怪を倒し続けたが…。その続きは実際のゲームで。

 


サーナイト@拘りスカーフ

f:id:sansevieriapoke:20161108214121j:image

 

性格:臆病
特性:トレース
能力値:143-x-85-177(252)-136(4)-145(252)
技構成:ムーンフォースサイコショック・道連れ・トリック

ニックネーム:Synchrogazer


みんな大好きサーナイト。第二メガ枠……と思いきや、スカーフサーナイト
ゲッコウガやバシャが重いので、そいつらを狩るための採用。耐久型をスカーフトリックしたり、苦手な相手は強引に道連れしたりと、結構強い。ドラゴンの一環を切るという役割も大きいです。
トレースは、バシャーモをコピーし加速しまくったり、便利です。特に霊獣ボルトロスの蓄電をコピーして電気技を封じたりとトレースが役立つことが多かったです。選出率はそこそこ。

 

f:id:sansevieriapoke:20161108214152j:image

ニックネームの元ネタは、水樹奈々さんが歌う、『戦姫絶唱シンフォギア』opの曲です。この作品では歌いながら戦ったりするのが特徴ですが、このサーナイトはアームドギア(メガストーン)を身にまとっていないので、歌いながら戦う(スキンハイパーボイス)こともしませんし、絶唱(スキン破壊光線)することもありません。

 

 

エンテイ@拘り鉢巻

f:id:sansevieriapoke:20161108214214j:image

 

性格:意地っ張り
特性:プレッシャー
能力値:207(132)-183(252)-106(4)-x-108(100)-123(20)
技構成:聖なる炎・地ならし・ストーンエッジ・寝言

ニックネーム:エンテイ

 

結晶塔の帝王。第三世代ではダキムのゴローニャ地震に巻き込まれたり、まともな技を使えないことから、五世代までは唯一王とも呼ばれてました。しかし、六世代では威力・追加効果が優秀な聖なる炎という技で一気に株価を上げましたね。
よくいるエンテイは、ガルクレセサザンに相性補完として入ってて、チョッキや食べ残しを持たせている場合が多いです。今回のエンテイは、鉢巻で負担をかけていくタイプです。
鉢巻エンテイの調整は、殆どのブログがこの様な調整にしていたので、私も真似しました。一応DL対策にB<D。
鉢巻聖なる炎で半減の後続に引いてきてもかなりの負担をかけることができますし、H252メガゲンガーや威嚇込みメガクチートにも中乱数1発です。さらに、5割火傷を引けば、かなりの負担となります。ガルドを焼き倒すのにもかなり役立ってます。アイへとも迷いましたが、ガッサや素催眠ゲンガー対策に寝言を仕組みました。寝言を入れられるのはチョッキとの違いですね。選出率も悪くないです。

 

こちらは頂き物ですので、ニックネームはございません。他のエンテイには『サカズキ(ONE PIECE赤犬)』と付けているんですがね。


反省点
バトルではマンダマンムーパウワウの相性が良く、パウワウを活躍させることができ、満足していますが、パーティ単位で見ていくと、特殊電気(ボルトロスロトムなど)がものすごく重く、ゲッコウガバシャーモを止める術が限られています。また、ヒードランもかなり重いです。なので、それらの重いポケモンたちをどうするかが今後の課題です。

(そこの貴方、パウワウをチョッキミラコスイクンに変えれば解決する!とか言わない!)

 

最後に…

f:id:sansevieriapoke:20161108214325j:image

 

第六世代も10日を切りましたね。そしてサン・ムーンでの新たな冒険が待っています。初心者ポケモンアシマリオシャマリアシレーヌとアシカポケモンが増えてしまい、さらにアシレーヌはフェアリータイプなので、ドラゴンを狩るという部分も似ています。当然、御三家なので種族値もそこそこ高いでしょう。しかし、私はサン・ムーン以降もパウワウ一族を使い続けます。
勿論、オフ会にも参加します。初めて真皇杯に出場してたくさんの人と対戦して以来、たくさんの人と交流する楽しさに改めて気づくことが出来ました。当然、バトルでは上位を狙っていくつもりです。
これからも、ポケモン配布やフレンド戦など、様々なことをしていくと思いますので、よろしくお願いします!